説明の表現の違い。 #マルチバース



僕たち美容師は、お客様に素敵なスタイルを提案するのが仕事の1つです。

そして、同じように働いている人の中でも、お客様からの支持率が違いが出てきます。

なぜこのような差が出るのか?

幾つか原因はあるのですが、特にわかりやすい原因としてはタイトルにもある様に

「表現」」の仕方にありました。


たとえば、トリートメントを髪に塗布する時

A君は「栄養を入れていきますねー。」

B君は「このトリートメントで髪の毛がツヤッツヤになるんですよ!」
と言うのか。

A君のは「説明」です。

B君のは「表現」です。

もっと例えると、ビールを飲み屋で頼んだ時

A君「ビールです。」ゴトッ。。。。

B君「キンキンに冷えたビールをお持ちしました!」ニコッ!

どうでしょうか?

百パーB君ですね。

たぶん、味も違って感じると思います。

繁盛してるお店と、そうでないお店。

ひとつの分かれ目がここにはある気がします。

説明ではなく、表現。

大切にしたいですね。




KAZUO's blog

僕の右脳側のブログです!

0コメント

  • 1000 / 1000